地域の食材を活かし、 “美味しい”を生産する。

様々な地形や風土に富んだ日本では、地域ごとに独自の「食」を育んできました。一つ一つに目を凝らせば、その土地の培ってきた文化や、他の地域との交易の様子まで見て取ることができます。

生産と流通の効率化によって、私たちは多様な「食」を気軽に楽しむができるようになりました。また最近では地元のものを食べることや季節のものを楽しむこと、生産者とつながることや安心と安全に配慮することなど、より細分化された価値観も生まれてきています。

生産や流通の仕組み、加工の知恵や技術、新たな食事の提供方法など、「食」をテーマにしても、様々なアプローチがあります。Next Commons Lab を通して、これからの「食」と向き合いながら、ビジネスをはじめませんか。

 

 

募集中プロジェクト


生産者と食べる人をつなぐ市民食堂/Civic Agri Canteen

 

りんごの未来への小さな一歩/Apple Project

 

新たな魅力を流通させる地域商社/Local Distribution

 

この記事をシェアする