世界を拡張しよう

NCL 湖南

Next Commons Lab 湖南

世界は広く、あなたの想像を遥かに超え、広がっている。
たくさんの人と出会い、異なる文化に触れ、
この世界の広さを感じ、学び知ることで、
自らの限界は容易に押し広げることができる。
ここは多種多様な人々による、あらゆる挑戦の場となり、
どんな立場や境遇にあっても、アイデアをカタチにするチャンスがある。
自由な挑戦は、この街の経済や人の流れを少しずつ変化させ、
やがてあなたの住む世界そのものが拡張し、
新たな社会の実現に一歩近づくことができるだろう。

Next Commons Lab湖南では、異なる文化や世界を認め合い、多様な人々が自由に挑戦することのできる社会を目指します。
滋賀県湖南市は、かつてより東海道の宿場町として栄え、交通の要衝として多くの旅人を受け入れてきた歴史があります。現在は第二次産業によって街が支えられ、工場で働く人材として多くの外国人が暮らし、その人口比率は県内トップです。グローバル化が進む社会における、移住者を含めた街とコミュニティのあり方を模索すること。世界の広さを知り探求することによって、個人や社会はより柔軟になり、発想の限界は大きく拡張されるでしょう。
その土地の歴史や風土、慣習や文化に捉われることなく、たとえ小さくても自由なアイデアではじめるプロジェクトやビジネスを応援します。周辺地域と連携し、また全国各地あるいは世界各地とのネットワークを活かした事業創出とコミュニティハブの形成、そこから次世代のための街づくりを進めていきます。

コーディネーター募集開始!

Next Commons Lab湖南では、現地の事務局として新たなプラットフォームの立ち上げと運営を担うコーディネーターを募集しています。地元のプレーヤーや住民、行政、企業などと協力しながら、起業家(=ラボメンバー)10名を受け入れ、インキュベーションやコミュニティづくりを担います。ビジョンを持ちながら、様々な状況に対応し、課題を乗り越え、関係性を調整し、現場で実践するタフな役割ですが、それぞれの経験や能力を最大限に発揮できるチャンスでもあります。ともに理想の社会を実現するため、この壮大な社会実験にチャレンジしてみませんか。
詳しくは募集ページをご覧ください。

NCL 湖南

二次産業が盛んな湖南市には、そこで働く外国人が多く暮らしており、その家族も含めて独自のコミュニティがあります。また若いプレーヤーが独立・起業するなどの動きは湖南にとどまらず、周辺地域においても盛んになっており、これまで繋がっていなかったコミュニティやプレーヤー同士を繋げ、広域的な視点を持ってこれからの社会基盤となる新しいコミュニティへとつなげていきます。
すでに活躍するプレーヤーとともに、湖南を中心として滋賀全体の底上げにつながるようなプロジェクトを設計し、まさに地域そのものを拡張するようなプラットフォームを目指します。

運営:Next Commons Lab 湖南

logo