世界一チャレンジしやすいまち

NCL 宮崎

Next Commons Lab 宮崎

大量生産・大量消費時代を経て私たち人間は、
地球資源の適正スケールを考えて行動しなければいけない時代に立っています。
大きければ大きいほど良いという考えを捨て去り、
人間らしいスケールで、美しい世界を創造していきましょう。
小さくても、無謀でも、あらゆるチャレンジを応援する文化と環境があれば、
人間らしい世界を取り戻し、地域はより豊かな場所へと変わってゆくはずです。
南国宮崎の小さなまちを舞台に、食・農・テクノロジーを核としたビジネスを集積させ、
小さくて強い経済圏をつくっていきます。
リスクがリスクでなくなるインフラと挑戦の連鎖が生まれる生態系を育み、
すべての人が挑戦しながら生きていける社会がここにあります。

Next Commons Lab宮崎は、宮崎県の中部に位置する新富町を拠点として、一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(以下こゆ財団)と一般社団法人Next Commons Lab(以下NCL)によって立ち上げられます。持続可能なまちづくりには、経済と雇用を生み出す起業家の存在が不可欠だと考え「世界一チャレンジしやすいまち」というビジョンのもと多様なビジネスの種が集まる土壌を整備し、南国の豊かな資源を活かした産業創出を目指します。そして地元銀行やベンチャーキャピタルと連携した起業家支援により、地域での新たな経済圏を作る取り組みへと成長させていきます。

コーディネーター募集開始(一次〆切8/19・二次〆切8/31)

Next Commons Lab宮崎では、現地の事務局として新たなプラットフォームの立ち上げと運営を担うコーディネーターを募集しています。NCL宮崎運営の中心となるこゆ財団とはじめ、地元のプレーヤーや住民、行政、企業などと協力しながら、起業家(=ラボメンバー)10名をサポートし、インキュベーションやコミュニティづくりを担います。ビジョンを持ちながら、様々な状況に対応し、課題を乗り越え、関係性を調整し、現場で実践するタフな役割ですが、それぞれの経験や能力を最大限に発揮できるチャンスでもあります。ともに理想の社会を実現するため、この壮大な社会実験にチャレンジしてみませんか。

こゆ財団とは

2017年4月に宮崎県児湯郡新富町が旧観光協会を法人化して設立した地域商社。「世界一チャレンジしやすいまち」というビジョンのもと、行政では成し得なかったスピードで『特産品販売』と『起業家育成』を行いながら地域経済の創出に取り組んでいます。

https://koyu.miyazaki.jp/

運営:Next Commons Lab 宮崎

logo