私たちは何を食べ
どんな未来をつくるのか

Next Commons Lab 奥大和

生命を支え、暮らしをつくる食。
その根源的な可能性を探求し、
未来の食のスタンダード = フードコモンズをつくるプロジェクト。
山里の資源、古来から伝わる技術、最先端のテクノロジー。
あらゆる叡智を融合し、
私たちのフードコモンズを具現化します。

Next Commons Lab奥大和(宇陀を玄関口とした大和高原地域)においては、
ロート製薬が中心となり、奈良県および宇陀市とのパートナーシップにより、2017年春からの始動に向けて、
食のテーマを中心とした10以上のプロジェクトを立ち上げ、起業家を誘致します。
起業家は支援を受けながら3年以内の起業/事業開発に取り組むと同時に、自分たちの手で理想の暮らし方や働き方を実践。
地元の人や資源と深く関わりながら活動をすることで、地域を活性化し、持続可能なあたらしい社会を作っていきます。

okuyamato_images

各プロジェクトでは専門的な知識や技術を有する地元プレーヤーがパートナーとなり、
技術や知識を授けたり、共同で事業を立ち上げるなど、活動を共にし起業に向け加速します。
またプロダクトの研究開発、パッケージデザインやブランディング、セールスプロモーションや流通にいたるまで、
食から派生する様々な可能性を具現化するための知見と設備を有したインキュベーション施設
= フードハブキッチンを拠点として整備していきます。

創業メンバー募集!

Next Commons Lab奥大和の立ち上げと運営を担う創業メンバーを追加募集します。
2017年春からのラボメンバー受け入れ、プラットフォームの基盤づくりを行います。地域とのコーデイネートを担い、新たなコミュニティを形成し、ラボメンバーの起業に向けて様々なサポートをします。またNext Commons Labから生まれる成果を地域へと還元する仕組みを構築し、自らも新しい事業開発を行うなど、持続的な社会インフラ作りが大きなミッションとなります。これまでの経験や技術を生かし、これまでにない理想の社会を作ってみませんか。

フードハブキッチン

inasa02

宇陀市内にある、かつて文化センターとして利用されていた遊休施設を、Next Commons Lab奥大和の拠点としてリノベーションします。フードハブキッチン(=食に関するインキュベーション施設)として様々なプロジェクトの活動拠点となり、事務所やワークスペース、ワークショップとしての利用だけでなく、事業化に際して必要となる商品開発や研究などの一端も担います。

募集プロセス

1

仮エントリー

エントリーフォームから、必要事項を記入しご登録ください。Next Commons Lab事務局から本エントリーのために必要な詳細情報をお送りします。

2

本エントリー

事務局からお送りするメールに記載の応募フォームへの記入と、履歴書、職務経歴書、企画書/事業計画書を期限までにアップロードしてください。

3

書類審査

応募期間終了後、まず書類による審査を行います。一次面接に進んでいただく方、不採用の方、それぞれ一週間以内にメールにてご連絡します。

4

一次面接

指定の日時に面接会場までお越しいただくか、オンラインで、NCL事務局スタッフとの面接となります。

5

最終面接@東京

指定の日時に現地の面接会場までお越し下さい。現地までの交通費はご自身でご負担いただきます。

6

採用確定と活動開始

条件を確認の上、採用確定。活動のスタート時期はご相談ください。

運営:Next Commons Lab 奥大和 事務局

logo