HUB台湾、台湾と加賀を繋ぐ中継地のような存在を目指します。

例えば、今の情報やサービスは都心部を経由して海外に展開することも多いと思いますが、もしもこれらを地域主体で出来るなら、“発信する側”と“受け取る側”はぐっと近づいて、お互いがお互いを理解しあいながら、より密な関係を構築していけるかもしれません。時にはビジネスを超えた友情関係も生まれるかもしれませんし、お互いの地域のファンになる人も出てくると思います。

ふたつのローカルの接点を生み出していくことで、これまで遠くに感じていた距離を縮める機会を増やしていきたいと思っています。

具体的には、僕がプライベートで運営してきた台湾向けのメディアを利用して加賀の取り組みを発信したり、逆に台湾に足を運んで日本や加賀のことを伝えるイベントをどんどん開催していきます。これらの活動を通じて、今度は台湾の方が加賀に遊びにくるようになるなど、じわじわと加賀と台湾の距離を縮めていきたいと考えています。

最終的には、NCL加賀やその他の企業が台湾で展開をする際に頼られる存在を目指します。

プレーヤー(起業家)

王 立中(おう りちゅう)
1984年生まれ、台湾出身。台湾でプロダクトデザインを学んだのち、日本にてグラフィックデザインを学ぶ。その後、グラフィックデザイナーや不動産海外営業、民泊経営を経験し、起業。メディア運営やFacebookpage東京裏物語などの動画配信を行う。その他、旅程業務主任者証 取得。

ジャーナル

  • 記事はまだありません。

  • この記事をシェアする