Food Hub

伝統野菜で未来へ繋ぐ、本来の食と農

  • プロジェクト:Food Hub
  • 募集人材:料理家/農業家
  • 地域:奈良県奥大和地域
  • ジャンル:文化 / 農業 / 飲食

現代の農業で使われている種は経済合理性を優先して品種改良されたF1種が主流となりました。元来その土地で長く栽培され、遺伝的文化的多様性を受け継いできた在来種・固定種とよばれる種は、いま世界的に失われつつあります。農と野菜の本来あるべき姿を考え、豊かな自然、歴史、文化と寄り添いながら奈良に残る伝統野菜の種をつないでいく。種から学び、産業としてだけではなく地域本来の在り方と可能性を探り文化としても次世代へと継承していくプロジェクトです。
パートナーとして、伝統野菜を自ら栽培し、リサーチと種の保存を続けながら、レストランも経営する粟の三浦雅之氏に学び、大和高原地域において食の拠点となるフードハブカフェを立ち上げます。カフェでは伝統野菜を育て、種を採取、その野菜を使った料理を提供し、地域本来の風情へつながる拠点にします。同時に各地に残る在来種の種を未来へと残し繋いでいきます。

<目指す世界>
・在来種、固定種を育て、次世代に繋いでいくことが当たり前の社会になる
・地域では在来種、固定種の種がいつでも手に入る
・地域の営みとして在来種、固定種の野菜が栽培され、景観が受け継がれている
・食材に応じた、郷土食、伝統食が守られている

ロードマップ

料理家/農業家

粟とその周辺農家でのインターンシップを通じて、伝統野菜の栽培や種取りの技術と知識、また伝統野菜を使った料理を学ぶ。2年目以降、伝統野菜の栽培とフードハブカフェの開業を目指す。

1年目

インターン

2年目

インターン/拠点づくり

3年目

起業

プロジェクトパートナー

必要な技術と知識を教えます

三浦雅之(株式会社「粟」 代表取締役社長)

1970年生 奈良市在住 京都府舞鶴市出身。1998年より奈良市近郊の中山間地である清澄の里をメインフィールドに奈良県内の在来作物の調査研究、栽培保存に取り組み、大和伝統野菜を中心に年間約120種類の野菜とハーブを栽培。
2002年に大和伝統野菜を食材とした農家レストラン清澄の里「粟」、2009年には奈良町に粟ならまち店をオープン。 そして2015年5月より奈良の魅力発信を行う奈良市との官民協働プロジェクト「coto coto」を運営。 株式会社粟、NPO法人清澄の村、五ヶ谷営農協議会を連携協働させた六次産業によるソーシャルビジネス「Project粟」を展開している。

募集について(応募〆切:2017年7月14日)

以下のリンクより仮エントリーいただいが方に本エントリーのご案内をお送りします。
本エントリーには履歴書、職務経歴書、事業計画書などの提出が必要となります。書類をご準備いただき、本エントリーいただくことで応募が完了いたします。

募集要項

プロジェクト:Food Hub

募集人材:料理家 / 農業家

地域:奈良県奥大和(宇陀市を玄関口とした大和高原地域)

応募締切:2017年7月14日(採用決定:2017年7月下旬予定)

期間:2017年8月1日以降から開始予定
原則1年毎にプロジェクトの取組状況・成果を勘案し、最大3年(2020年7月31日)まで延長可

目的:地域へ移住や定住することが目的ではありません。各プロジェクトで設定されたテーマや課題に対し取り組み、事業化や起業へと繋げるべく成果をあげてください。

採用形態:起業家・ラボ創設メンバーとして、1年毎に更新(最大3年間)。個人で起業・独立を目指す「起業型」とプロジェクトパートナーと共に事業の立ち上げを目指す 「共同創業型」があります。

応募資格:本プロジェクトはローカルベンチャースクール*1の制度(=地域おこし協力隊制度を転用)を活用するため、以下の条件を満たす必要があります。
•3大都市圏内・外に限らず、都市地域および政令指定都市にお住まいの方。(全部条件不利地域*2の方は対象となりません。また、一部条件不利地域にお住まいの方は区域によって違いますのでお問い合わせください)
•採用後は奈良県内の該当地域に住民票を異動していただける方
*1 ローカルベンチャースクール *2 特別交付税措置に係る地域要件確認表

求める人物 *以下に該当する採用時点で18歳以上の方で、性別は問いません
(1) Next Commons Lab奥大和のビジョンに共感し、新しい社会づくりに前向きに取り組める方
(2) 活動内容について積極的な提案をできる方。企画/ディレクション能力がある方
(3) 住民と協力しながら、地域資源を活用し、新しい事業開発に繋げられる方
(4) インターネットを含む様々なメディアに対応した情報発信ができる方
(5) 最長3年間の活動期間中に自らも起業し、その後も継続する意志のある方
(6) 普通自動車運転免許を取得している方

活動支援金:起業・独立するための支援金として、毎月13万円程度のベーシックインカムを最大3年間支給します。(年度毎見直しあり)※尚、プロジェクトを通して起業もしくは共同創業し、支援期間中であっても収入を得ることができます。

住居:シェアハウス等物件の紹介をさせていただきます。家族での入居などは別途ご相談ください。

採用日程について:
書類審査の結果通知:2017年7月14日以降
一次面接:2017年7月22日(土)、23日(日)のいずれか(東京会場もしくはオンライン)
最終面接:2017年7月29日(土)、30日(日)のいずれか(奥大和会場)

*一次面接の結果は面接後3日以内に、メールにてお知らせいたします
*最終面接は現地(奈良県内)にて開催いたします
*面接会場までの交通費や滞在にかかる費用はご自身でご負担いただきます

説明会開催!

Next Commons Lab奥大和の説明会を実施します。スタッフや企業パートナー、対象地域の行政職員など関係者が、一堂に集まりプロジェクトについてご説明します。直に対話する中で、より詳しくビジョンや目指す未来、理想の社会について共有し、また具体的な条件や進め方など、実務的な情報もお知らせいたします。応募を検討されている方はもちろん、少しでも関心があるという方は、ぜひご参加ください。

第1回:2017年6月17日(土)14:00〜16:00 (大阪)
第2回:2017年6月26日(月)19:30〜21:30 (東京)

大阪会場:530-0011 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB 29階 ロート製薬株式会社 グランフロントオフィス 大会議室 →アクセス
東京会場:105-0022 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング20階 ロート製薬株式会社 東京支社 大会議室 →アクセス

この記事をシェアする