Slow Tourism

暮らしを魅せるスローツーリズム

  • プロジェクト:Slow Tourism
  • 募集人材:プロデューサー
  • 地域:石川県加賀市
  • ジャンル:ネットワーク / 観光

加賀を魅せる、つなぐ

大聖寺藩の置かれた〈大聖寺〉、加賀温泉郷の〈山代〉〈山中〉〈片山津〉の三温泉、日本海と接する 〈橋立〉、旧北陸道に面した〈動橋〉の六つの主要な地域から成る加賀市。三つの温泉地が全く異なる顔を持 つように、これらの六地域にもそれぞれに歴史と個性豊かな暮らしがあります。 例えば 市民湯でもある「総湯」で毎日たわいない会話がされていたり、夏の暑い日には打ち水をする人 がいたり、家の板塀として船板が使用されていたり、地区住民総出で農業や催しを行ったり・・・このプロジェクトではその土地の暮らしを身近に感じられる異日常を気軽に体験できる旅プログラムや滞在拠点を確立します。Next Commons Lab加賀として始まる他プロジェクトとも連携し、加賀市全体でプログラムやツアーを開発、国内だけでなく国外からの観光客が「加賀を暮らすように旅する」ツーリズムを構築する人を募集します。

<目指す世界>
・様々な要件の宿泊希望者に対応し、新たな観光ターゲットを開拓
・総湯(共同浴場)や旅館の立寄り湯、商店などを周遊する仕組みの開発
・温泉地とその間をつなぐようなプログラムで、加賀市をひとつの面として魅力を発信
・里海里山の魅力を再発見できる旅先として認知される
・ツーリズムを通した地域の交流人口の増加とコミュニティ形成

ロードマップ

プロデューサー

まずは加賀市内の様々な地域をまわり、人と会い、素材を見つけ、暮らしの中での魅力を発掘します。そうしたリソースをもとにプログラムの開発をしながら、拠点となるゲストハウスの立ち上げも行います。試験的なツアーやワークショップを繰り返し、事業として立ち上げていきます。

1年目

リサーチ/プログラム開発/ゲストハウス立ち上げ

2年目

ワークショップ/試験創業

3年目

事業拡大

プロジェクトパートナー

一緒に事業を立ち上げます

萬谷浩幸(よろづや観光株式会社)

1975年11月5日生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。2000年に山代温泉の旅館瑠璃光・葉渡莉を運営するよろづや観光(株)入社後、東京営業所、大阪営業所勤務を経て、2003年同社専務取締役、2014年同社代表取締役社長就任。2011年に加賀温泉郷の情報発信プロジェクト「レディー・カガ」を立ち上げ、2012年に観光庁長官表彰受賞。同じく2012年に温泉と音楽の融合をテーマにした音楽イベント「加賀温泉郷フェス」を立ち上げる。2014年に地域活性化を目的とした「合同会社加賀温泉」を立ち上げ、代表に就任、加賀温泉駅前ショッピングセンターでカフェの運営を行う。2015年、内閣府が定めるクールジャパン地域プロデューサーに就任。山代温泉観光協会宣伝企画部長、山代温泉旅館共同組合理事。

必要な知識や情報を教えます

アレクサンドル・ルロワ

1977年フランス・プロヴァンス生まれ。プロヴァンス、パリ、コート・ディ・ヴォアール(アフリカ)、パリ郊外と住み、パリ第10大学政治学修士。2006年来日、石川県加賀市山代温泉在住。仏・英語講師、翻訳・ライティング業。2016年11月より加賀市インバウンド・コーディネーター。仏・英・西・伊・日・露・独で会話が可能。

一緒に事業を立ち上げます

xLeap(クロスリープ)

Next Commons Lab加賀の立ち上げ、運営のために設立された、現地インキュベーター/コーディネーター。これから立ち上がるプロジェクトと、それを担う起業家のサポートやコーディネートを中心に、自治体、地元住民、プロジェクトパートナーなど様々なステークホルダーをつないで、あらたなプラットフォーム運営とコミュニティづくりを行っていく。また自ら地域リソースを活かした事業開発を進め、持続的な運営と、地域へ還元するための仕組みづくりにも挑戦し、加賀市のあたらしい未来を創造する。2017年5月に法人化を予定している。

募集について(応募〆切:2017年6月30日) ※受付終了

以下のリンクより仮エントリーいただいた方に本エントリーのご案内をお送りします。
本エントリーには履歴書、職務経歴書、事業計画書などの提出が必要となります。書類をご準備いただき、本エントリーいただくことで応募が完了いたします。

募集要項

プロジェクト:Slow Tourism

募集人材:プロデューサー

地域:石川県加賀市

応募締切:2017年6月30日(採用決定:2017年7月下旬)

期間:2017年8月1日以降から開始予定
原則1年毎にプロジェクトの取組状況・成果を勘案し、最大3年まで延長可

目的:地域へ移住や定住することが主な目的ではなく、各プロジェクトで設定されたテーマや課題に対し取り組み、事業化や起業へと繋げる成果を生み出すことです。

採用形態:起業家・ラボ創設メンバーとして、1年毎に更新(最大3年間)。個人で起業・独立を目指す「起業型」とプロジェクトパートナーと共に事業の立ち上げを目指す 「共同創業型」があります。

応募資格:本プロジェクトはローカルベンチャースクール*1の制度(=地域おこし協力隊制度を転用)を活用するため、以下の条件を満たす必要があります。
・3大都市圏内・外に限らず、都市地域および政令指定都市にお住まいの方。(全部条件不利地域*2の方は対象となりません。また、一部条件不利地域にお住まいの方は区域によって違いますのでお問い合わせください。)
・採用後は加賀市内の該当地域に住民票を異動していただける方
*1 ローカルベンチャースクール *2 特別交付税措置に係る地域要件確認表

求める人物 *以下に該当する採用時点で18歳以上の方で、性別は問いません
(1) Next Commons Lab加賀のビジョンに共感し、新しい社会づくりに前向きに取り組める方
(2) 活動内容について積極的な提案をできる方。企画/ディレクション能力がある方
(3) 住民と協力しながら、地域資源を活用し、新しい事業開発に繋げられる方
(4) インターネットを含む様々なメディアに対応した情報発信ができる方
(5) 最長3年間の活動期間中に自らも起業し、その後も継続する意志のある方
(6) 普通自動車運転免許を取得している方

活動支援金:活動支援金:起業・独立するための支援金として、毎月16万円程度のベーシックインカムを最大3年間支給します。(年度毎に見直しあり)※尚、プロジェクトを通して起業もしくは共同創業し、支援期間中であっても収入を得ることができます。

住居:シェアハウス等物件の紹介をさせていただきます。家族での入居などは別途ご相談ください。

採用日程について:
書類審査の結果通知:2017年7月1日以降
一次面接:2017年7月8日(土)、9日(日)のいずれか(東京会場もしくはオンライン)
最終面接:2017年7月22日(土)、23日(日)のいずれか(加賀会場)

*一次面接の結果は面接後3日以内に、メールにてお知らせいたします。
*最終面接は現地(加賀市内)にて開催いたします。
*面接会場までの交通費や滞在にかかる費用はご自身でご負担いただきます。

この記事をシェアする