地域の資源を可視化し
未来の可能性を見出すための
実験と実践のプラットフォーム

Next Commons Lab 遠野

『本当の資本とは、貨幣ではなく人間の創造力である』
“Next Commons Lab”は、さまざまな領域で活動するメンバーが集まり、
プロジェクトを通じて地域社会と交わりながら、
ポスト資本主義社会を具現化する議論と実行の場です。
今を生きる私たちが、理想とする未来を思い描き、
自ら考え、手足を動かし、社会そのものを変えていく。
自由な精神と、良質なカオスの中で未来づくりがはじまります。
さぁ、あなたの創造力を社会に実装する時です。

第一弾のフィールドパートナーは「岩手県遠野市」。柳田国男の「遠野物語」で知られる、人口3万人弱の遠野市とパートナーシップを組み、土地の資源を活用をしながら、10のプロジェクトを立ち上げ、新たな社会システムの具現化を試みます。(フィールドパートナーは順次、全国各地に増えていきます)
また民間企業のパートナーとして、ロート製薬株式会社、キリン株式会社、Google イノベーション東北のサポートを得て、地域資源と企業が持つ知見の掛けあわせ、個別事業のスケールアウトを促進します。

10のプロジェクト

2016年は、まず10の領域 / テーマを掲げ、それらを事業化していくことを目指します。これらのテーマは遠野という地域にある、資源や人材などからはじまり、プロジェクト化していく中で、いくつかのあらたなテーマへと派生していくように生まれました。ひとつひとつのプロジェクトにはそれぞれアドバイスをしたり、技術や知識を指導したり、また一緒に創業を目指すなど、いずれもメンバーとして参画する起業家をサポートするプロジェクトパートナーがいます。そのパートナーと共に、。ラボメンバーひとりひとりが自身の感性とアイデアを形にして、独自の事業へと発展させていくことが求められます。

コーディネーター募集開始!

Next Commons Lab遠野では、現地の事務局である株式会社NextCommonsのメンバーとしてプロジェクトサポートやインキュベーション、事業開発などを行うコーディネーターを募集しています。地元のプレーヤーや住民、行政、企業などと協力しながら、起業家サポートやコミュニティづくりを担います。ビジョンを共有しながら、様々な状況に対応し、課題を乗り越え、関係性を調整し、現場の中で実践するタフな役割ですが、それぞれの経験や能力を最大限に発揮できるチャンスでもあります。ともに理想の社会を実現するため、この壮大な社会実験にチャレンジしてみませんか。
詳しくは募集ページをご覧ください。

パートナー

運営:Next Commons Lab 遠野 事務局
logo