NEXT COMMONS TALK

Next Commons Talk

地方創生の哲学とあたらしい社会の創造

宮台真司

社会学者、首都大学東京教授

1959 年仙台市生まれ。京都市で育つ。東京大学大学院博士課程修了。社会学博士。大学院在学中からサブカルライターとして活躍し、90 年代に入るとメディアにもたびたび登場、行動する論客として脚光を浴び
た。現在は、インターネット動画番組や個人ブログなど自らの媒体を通じて社会に発信を続ける。著書に『14 歳からの社会学』(世界文化社)、『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』(幻冬舎、2014 年)ほか多数。

林篤志

Next Commons Lab 代表

2009 年に「自由大学」、2011 年に高知県土佐山地域に「土佐山アカデミー」
を創業。2015 年、地方への多様な関わり方を生みだすコミュニティ「東
北オープンアカデミー」を開始。昨年の夏から遠野の山奥に拠点を持ち、
日々全国各地を行き来している。合同会社paramita 代表、株式会社
NextCommons 代表取締役。

Next Commons Lab とは

行政、民間企業、起業家など多様なステークホルダーを巻き込みながら、地域にあたらしい産業を生み出し、地方が抱える共通課題を解決する研究所。

既存の観念にとらわれない社会システムの具現化、新しい働き方や暮らし方の実践など、自分たちの手で未来をつくるためのプラットフォーム。

第一弾は「岩手県遠野市」において、10 の領域 / テーマでプロジェクトを立ち上げ、事業を展開する起業家候補を採用。
今後も全国各地に展開を予定している。

これまで磨いてきた技術や専門性、社会を変えるアイデア、働き方や暮らし方への探求など、個人がその力を発揮できる仕組みをもった実験的な取り組みになります。

nextcommonslab.jp